流行モノ、お得な情報や裏技、芸能ニュース、生活に便利なもの、ライフハックなど、最新情報を掲載。

トレンド通信

モスキート音とは?耳年齢をテスト、モスキート音の聞こえる年齢

更新日:

モスキート音とは何か

人間にも聞こえる音なのですが、年齢を重ねるにつれて聞こえなくいくって知ってる?モスキート音を着信音に設定して、教師には聞こえず、自分たちにはメールが来たことがわかるようにしてたんだって。モスキート音の意外な使い方について説明します。

モスキート音



モスキート音について

モスキート音とは17ヘルツ前後の高周波音を指す言葉です。この言葉の成り立ちは、音の感じが蚊の羽音のような不快な音ということからきています。

ちなみに、人間にも聞こえる音なのですが、年齢を重ねるにつれて聞こえなくなっていきます。20歳前後の頃が最も聞き取ることができ、そこから徐々に聞こえなくなっていきます。

モスキート音は、生活の中でも利用されています。その中でも代表的なのが、モスキート音を出す音響機器です。

これは、モスキート音は若い人ほど聞き取りやすいという性質を利用して、深夜に営業する店に取り付けられていました。

そうすることによって、若者を深夜の店の前にたむろさせないようにする効果がありました。

参考モスキート音とヒトと周波数、無料でチェックする方法、アプリの活用

大人には聞き取れないような周波数の音を利用しているということから、大人には影響がないといったところも特徴です。

モスキート音の意外な使い方

モスキート音とは、大人には聞こえない性質を持っています。この性質を利用して、学生の間では変わった使い方をされていました。

それは、授業中にメールをやり取りすることです。本来であれば、メールを受信したときに着信音が鳴ってしまうので、教師に気づかれてしまいます。

また、着信音もバイブレーションもオフにしてしまうと、メールが来たことを知ることができません。

そのため、モスキート音を着信音に設定することにより、教師には聞こえず、自分たちにはメールが来たことがわかるようにしていました。

このように、モスキート音とは考えによっては様々な用途に利用できるものです。さらに、モスキート音が収録されたCDも販売されています。

一概にモスキート音といっても、年齢によって聞こえるものと聞こえないものがあるので、自分の耳を試すためにCDを利用する人もいます。



モスキート音で耳年齢をテストしてみましょう!


自身の耳年齢がいくつくらいなのかをチェックするには、「モスキート音」でテストしてみることがおすすめ!耳が老化すると高い音から聞こえなくなり、聞こえる範囲が高齢者と10代の若者とでは2倍以上もあるんだって。

モスキート音

耳年齢とモスキート音とは?

人間には「耳年齢」というものがあります。人間の耳は年齢とともに聞こえる音が少なくなっていきますが、そのスピードは非常にゆるやかです。

日常生活で耳がよく聞こえなくなるのは明らかに耳の老化が進行している証拠ですが、そうではなくても知らず知らずに耳は老化しているのです。

自身の耳年齢がいくつくらいなのかをチェックするには、「モスキート音」でテストしてみることがおすすめです。

このモスキート音というのは17000ヘルツの高周波音のことです。その音が蚊が飛んでいるときに聞こえる音に似ていることからこのような名前で呼ばれるようになりました。

人間の耳は20ヘルツから20000ヘルツまで聞くことができます。耳が老化すると高い音から聞こえなくなりますので、高周波音のモスキート音で確かめると、より正確な耳年齢がわかります。

高音であればあるほど聞こえにくくなる

人間の耳は高い音であればあるほど年齢を重ねるたびに聞こえなくなります。たとえば、13歳から17歳までであれば19000から20000ヘルツまで聞こえるといわれています。

一方、60歳から69歳までであれば8000から9000ヘルツにまで落ち込むといわれています。およそ聞こえる範囲が高齢者と10代の若者とでは2倍以上もあるということです。

モスキート音は17000ヘルツなので、20代前半であればしっかりと聞こえますが、20代後半からは聞こえにくく、30代になると聞こえなくなります。

ちなみに、日常会話で日本語を話すときの高音はせいぜい1000ヘルツ程度です。人よりも高音を出す鈴虫で4000ヘルツ程度です。

参考モスキート音とヒトと周波数、無料でチェックする方法、アプリの活用

このように見てみるとモスキート音がいかに高音かがわかります。自身の耳年齢をチェックするためにも、ぜひ一度テストを受けてみましょう。ネットの動画やアプリで簡単にテストできます。



モスキート音で耳年齢チェック


モスキート音とはとても高い音つまり高周波の音のことで、蚊の羽音のようなキーンとした音の事です。耳鼻科では周囲の雑音が入らないように専用の個室のようなところで検査を行い一般的に聞き取れる音から、徐々に高音をチェックしていくという方法。耳年齢のチェックについて説明します。

モスキート音

モスキート音とはなにか。

モスキート音とはとても高い音つまり高周波の音のことで、蚊の羽音のようなキーンとした音の事です。

モスキート音は2005年に開発されたもので、開発者はイグノーベル賞を受賞しております。モスキート音は若者にしか聞こえない音とされていて、その理由は年齢と共に高い音を聞き取ることが出来なくなってしまう為です。

そのため学生が、先生に聞こえないように携帯電話の着信音に設定するなどして利用をすることもありました。

また、モスキート音は聞き続けることで不快な音として聞こえてしまうため、ある施設などでは若者がたむろすることを防止するためにモスキート音を発生させる特殊なスピーカーを設置したりしたこともあるそうです。

参考モスキート音の効果、聞こえない原因、音発生装置

このスピーカーは大きな成果を上げており、モスキート音が聞こえるのは20代前半頃までと言われており、30代になるとほとんど聞こえなくなってしまいます。

耳年齢のチェック

モスキート音は若者にしか聞こえない音とされていますが、自分の耳でも聞こえるのか簡単にチェックすることが可能です。

インターネットで検索してモスキート音を発生させる動画を検索することも可能ですが、利用端末や環境によっては正常に再生されず正しくチェックすることが出来ないこともあります。

参考モスキート音とは?耳年齢をテスト、モスキート音の聞こえる年齢

より正しくチェックする場合には耳鼻科にて聴力検査を受けることが可能です。

耳鼻科では周囲の雑音が入らないように専用の個室のようなところで検査を行い一般的に聞き取れる音から、徐々に高音をチェックしていくという方法を行います。

学校などで行われる聴力検査で経験したことがある可と思いますがヘッドフォンを装着し、ピーという音が聞こえたらボタンを押すという方法です。比較的簡単に調べる事が出来るので自分の耳を調べてみることをおすすめします。



年齢によって変わるモスキート音


モスキート音とは、一般的に高い周波数の音のこと。羽音のように小さく高い音なので「モスキート音」という名前がついています。人間の聴力は歳と共に衰えるので子どものうちは高い周波数領域まで聞こえ、歳を取るにつれて聞こえなくなる周波数領域が出てきます。

モスキート音

モスキート音とは?

モスキート音とは、一般的に高い周波数の音のことを指します。

私達人間が聞き取れる音は可聴領域といい、およそ20ヘルツから2万ヘルツと言われています。

音の単位は数字が大きくなるほど高い音になっていくとされていて、この中でもモスキート音は7000ヘルツ以上のことを指しています。

かなり高音領域の音です。実際に2万ヘルツまで聞き取れる人はかなり少ない、耳のいい人だとも言われているのです。

参考モスキート音とヒトと周波数、無料でチェックする方法、アプリの活用

実際に聞くとキーンという高い音が聞こえ、「耳が痛いような感じ」と表現する人もいます。蚊(モスキート)の羽音のように小さく高い音なので「モスキート音」という名前がついています。

そしてこのモスキート音は年齢によって聞こえる範囲が違うと言われているのです。そのため、モスキート音を使えば自分でも簡単な聴力テストが可能になるのです。

年齢によって聞こえる範囲が変わってくる

人間の聴力は歳と共に衰えます。これは子どもの時はピンと張った鼓膜が加齢に伴って緩んでいき、音を受け取る機能が徐々に弱まっていくからとされています。

つまり、モスキート音は子どものうちは高い周波数領域まで聞こえ、歳を取るにつれて聞こえなくなる周波数領域が出てきます。

もちろん個人差はありますが、20代前半までの若者は1万7000ヘルツ程度まで聞き取れると言われています。

この「モスキート音には聞き取れる範囲に年齢差がある」ということを利用して、若者がたむろする公園などにモスキート音を流すという試みもありました。

非行や施設破壊の防止にモスキート音が役立ったという事例もあるのです。

参考モスキート音の効果、聞こえない原因、音発生装置

今ではネットなどでモスキート音は手軽に聞くことができます。簡単な耳年齢チェックとして、家族とともにモスキート音を聞いてみるのも面白いかもしれません。

[ スポンサーリンク ]

[ スポンサーリンク ]

-ライフハック
-

Copyright© トレンド通信 , 2019 All Rights Reserved.