流行モノ、お得な情報や裏技、芸能ニュース、生活に便利なもの、ライフハックなど、最新情報を掲載。

トレンド通信

モスキート音の効果、聞こえない原因、音発生装置

更新日:

モスキート音がもたらす効果とは

鼓膜の「有毛細胞」が年齢と共に壊れていくので20歳以上になると聞こえにくいんだって、動物や虫にも効果があることが確認されていて、この音を活用した撃退グッズも開発されている。モスキート音はどのように利用されるか説明します。

モスキート音



モスキート音は若者にしか聞こえない?

モスキート音は17000ヘルツ前後の高周波音のことで、蚊の羽音に似ていることから、このように呼ばれています。

人間が聞こえる周波数の範囲は通常、20ヘルツから20000ヘルツとされ、音を聞き分ける能力は年齢とともに変化
していきます。

人間は音を鼓膜の振動によって捉えています。鼓膜の「有毛細胞」で振動を電気信号に変換することで脳が音を認識しているのですが、高い音を感知する有毛細胞は年齢と共に壊れてしまいます。

そのため、年を取るほど高い音が聞こえにくくなっていきます。モスキート音は、個人差はありますが20代前半までの人には良く聞こえ、それ以上の年代の人には聞こえにくいとされています。

キーンとした不快感を覚える音ですが、特徴的な音でもあるため、最近ではさまざまな業界でこの音を有効活用しようとする取り組みが行われています。

モスキート音はどのように利用される?

モスキート音は若者にだけ聞こえるという特性から、様々な活用方法が検討されています。

まず、前述したようにモスキート音には不快感を与える効果があります。例えば、深夜店などの前にたむろする若者を退散させる目的でこの音を発する装置もつくられています。

また、動物や虫にも効果があることが確認されていて、この音を活用した撃退グッズも開発されているようです。

その他、耳年齢のチェックにもモスキート音は利用されています。普段、会話していても耳が悪くなったとは実感しにくいため、聴力の衰えを調べる際に効果的な手段になっています。

耳年齢が実年齢より高いことに気付けると、医者に相談するなどで耳の老化防止や聴力回復を行うことも可能になります。

スマホのアプリなどで簡単にテスト出来るので、興味のある方は試してみると良いでしょう。但し、長時間聴くと体調を崩す恐れがあるので気を付けてください。

参考モスキート音とは?耳年齢をテスト、モスキート音の聞こえる年齢



若い人にしか聞こえないモスキート音は壁越しだと効果がない?


モスキート音とは蚊の出す「ぷーん」という音に似た、聞こえる人にはとても耳障りな音のこと。年を重ねていくと高音域が聞こえなくなり、その音が気にならなくなるんだって。特徴として、通常の低音と比べるとエネルギーが少ないため固いものを通過できないという点があります。

モスキート音

そもそもモスキート音って何?

モスキート音とは蚊の出す「ぷーん」という音に似た、聞こえる人にはとても耳障りな音のことです。1万数千ヘルツ以上の音域で、音域が高くなればなるほど若い人にしか聞こえないという特徴があります。

例えば、20000Hz程度は13歳から17歳位の年齢層で聞こえ、18000Hz程度だと18歳から24歳くらいの年齢層で聞こえる、という風です。

年を重ねていくと高音域が聞こえなくなり、その音が気にならなくなります。

これを利用して、深夜に若者が店の前にたむろするのを防ぐ目的で店の前でモスキート音を流すコンビニやレストランが出てきました。

猫やネズミにも効果があると言われています。

今ではインターネット経由で手軽に入手できるようになっているので、住居の騒音問題対策<にも使われたりしているようです。スマホのアプリもあるようで、耳年齢を試すことができます。

モスキート音は壁に弱い?

モスキート音は壁越しだと効果がないと言われています。それは本当でしょうか?


モスキート音の特徴として、通常の低音と比べるとエネルギーが少ないため固いものを通過できないという点があります。

また、空気中ではまっすぐに飛ぶという性質があり、それはすなわち物体の表面では簡単に反射してしまうということでもあります。

壁などがあると音はそこにあたって通過しないのです。

参考モスキート音とヒトと周波数、無料でチェックする方法、アプリの活用

モスキート音は直線で飛ぶので、効果的に使いたいときは、音の真ん前に立つようにしないと音が聞こえにくいのです。

つまり、壁越しではモスキート音の効果が出ないということです。

ただ、このような特徴は光にも似ていて、障子越しの光はやんわりと部屋に入ってくるように、全ての壁が音を遮断するとも言えません。話し声が聞こえるレベルの防音性の壁ならばモスキート音も壁越しで聞こえる可能性があります。



モスキート音が聞こえない原因は年齢だけ?


大体17kHz前後の音を指すことが多く、これは一般的な18歳から24歳くらいの人に聞こえる周波数、鼓膜の有毛細胞は高い音をとらえる部分から先に年齢とともに擦り減っていくため、モスキート音などの高い音が聞こえない原因となります。

モスキート音

生活にあふれかえる音

私たちは生活していくなかでさまざまな音を聞き分けています。人の話し声、電車が通過する音、テレビやラジオから漏れてくる音など、その種類はさまざまです。

有名な「音」のひとつにモスキート音があります。モスキート音は若者にしか聞こえない音と例えられることもある比較的高い音のことです。

大体17kHz前後の音を指すことが多く、これは一般的な18歳から24歳くらいの人に聞こえる周波数と言われています。

モスキート音が聞こえない原因として考えるのは年齢でしょう。耳の奥には振動を音として認識するための有毛細胞というものがあります。

この有毛細胞は高い音をとらえる部分から先に年齢とともに擦り減っていくため、モスキート音などの高い音が聞こえない原因となります。

もちろん、若いのに聞こえない、30歳を過ぎてても聞こえるなど個人差はあります。

モスキート音が聞こえる必要は特に存在しない

モスキート音が聞こえない原因は年齢とともに擦り減る有毛細胞の劣化ですが、これを回復させる手段は今のところほとんどないといって良いでしょう。

しかし、モスキート音が聞こえないと生活に支障をきたすかというとそういうわけではありません。

実際にモスキート音を聞いたことがある人ならわかりますが、モスキート音は甲高くて不快な音に近いものがあります。

その不快な音を利用して、コンビニの前などにいつまでも居座る若者を撃退するという方法が取られるケースさえあるほどです。

私たちが普通に生活していて、モスキート音が聞こえないから何か不都合があるということは基本的に存在しない
と考えて良いでしょう。

参考モスキート音の効果、聞こえない原因、音発生装置

しかし、極度の聴力低下は生活に問題が発生します。イヤホンやヘッドホンを使って大音量で音楽を聞くなど、あまり耳に負担をかけない生活を心がけることが大切です。



モスキート音発生装置とは社会にどのように働くか?


特定の対象物だけを撃退することができるため、特に治安改善のため様々なシーンで活用、超音波や高周波音が含まれており、人体にとって無害という保証はありません。モスキート音発生装置を取り付ける目的、音発生装置による問題点について説明します。

モスキート音

モスキート音発生装置を取り付ける目的は?

モスキート音発生装置とは、生物の種類や年齢によって音の聞こえ方が異なることを利用し特定の対象物にだけ不快な音を聞かせることができる装置です。

この装置によって特定の対象物だけを撃退することができるため、特に治安改善のため様々なシーンで活用されています。

また撃退すべき対象に応じて周波数が違ってくるため、モスキート音発生装置から発生させるための周波数もそれぞれの撃退すべき対象に合わせなければなりません。

近年は店舗の駐車場などで利用されることが多く、モスキート音発生装置の周波数は18KHzほどです。この周波数は、屯している若者たちが最も不快になる音であると言われています。

最近ではマクドナルドがこのモスキート音発生装置を取り付けたことにより、多くのメディアから注目を浴びました。ただし人権に関わる問題も、多く取り沙汰されているようです。

モスキート音発生装置による問題点は?

素行の悪い若者が屯しやすい店舗や公園、また駐車場などでは、モスキート音発生装置が多く設置されるようになりました。

しかしモスキート音発生装置は対象物に対して不快な音を当てる装置であり、悪く言えば同じ人間に対して攻撃をしていると捉えられてしまいます。

そのため人権問題として、度々取り沙汰されるようになってきているようです。

参考モスキート音とヒトと周波数、無料でチェックする方法、アプリの活用

特に不良が屯するのを防止するために設置したとしても、同じ年代の若者であれば健全な若者にまで不快な音は与えてしまいます。

また例えこの周波数がキャッチしやすい年代ではなかったとしても、耳の感度が良い人にはこのモスキート音を聞き分けてしまう可能性もあります。

それゆえそのような人達にまで攻撃を与えて良いものなのかどうかの判断が難しく、まだ日本社会はモスキート音発生装置の使用に抵抗があるようです。

またモスキート音には超音波や高周波音が含まれており、人体にとって無害という保証はありません。

例え若者にしか音が聞こえないからと言って健康に全く影響がないとは言い切れず、モスキート音の研究でも解明されていないのが現状です。

[ スポンサーリンク ]

[ スポンサーリンク ]

-ライフハック
-

Copyright© トレンド通信 , 2019 All Rights Reserved.