流行モノ、お得な情報や裏技、芸能ニュース、生活に便利なもの、ライフハックなど、最新情報を掲載。

トレンド通信

今一番おすすめの動画配信サービスを比較してみた結果

更新日:

動画配信サービス各社もサービス開始時と比べて、料金の変更、コンテンツ本数の増加、無料視聴期間の延長など、かなりサービス内容も変わってきました。そこで人気の動画配信サービス3社の最新のサービス内容を整理・比較しなおしてみました。

人気の動画配信サービス比較表


現在、動画配信サービスはたくさんありますが、作品数や会員数の多さなどから、「Hulu」、「U-NEXT」、「dTV」の3社のサービス内容を比較表にしてみました。

動画配信サービス Hulu U-NEXT dTV
サービス内容 定額制 定額+PPV 定額+PPV
月額料金(税別) 933円 1990円 500円
特典 - 月1000ポイント付与
雑誌読み放題サービス
-
PPV料金 - PPV作品300円/本~ PPV作品300円/本~
配信方法 ストリーミング ストリーミング
ダウンロード
ストリーミング
ダウンロード
マルチデバイス対応
作品数 10,000本 10万本 12万本
ラインナップ 映画、ドラマ、アニメ、
バラエティ、その他
映画、ドラマ、アニメ、
バラエティ、音楽、アダルト
映画、ドラマ、アニメ、
バラエティ、音楽、カラオケ
特徴 月額定額制で海外ドラマの
ラインナップが豊富。
国内ドラマの見逃し配信など。
新作映画、ドラマがPPVで
観れる。アダルト有り。
月額500円で観放題。新作映画、
ドラマがPPVで観れる。
音楽、カラオケが豊富。
無料トライアル 14日間 31日間 31日間
プログラムガイド - 334円(税抜き) -

定額制で安心。海外・国内ドラマが豊富「Hulu」


全作品が見放題の完全定額制の動画配信サービスが「Hulu」です。933円以上は支払うことがないので、安心して見られます。

「Hulu」といえば、海外ドラマの充実度だけが目立ちますが、地上波テレビ局のコンテンツもかなり多く、見逃し配信や先行配信など、各テレビ局のコンテンツもかなりの充実度です。

現在、「Hulu」は日本テレビ傘下のため、日テレの人気番組の見逃し配信や先行配信などもあり、映画作品以外のコンテンツの充実も目立ちます。

高画質な映像が楽しめる


作品のほとんどが、HD画質での配信のため、クロームキャストなどを使ったテレビでの視聴も非常にきれいな映像で見ることができます。

パソコン、スマートフォンだけでなく、インターネット対応テレビやレコーダー、クロームキャストやAppleTVなどのメディア端末、プレイステーションやニンテンドー3DS/3DSなどのゲーム機など、さまざまなデバイスから視聴できるのも特徴です。


新作を含む作品が充実「U-NEXT」


月額1990円と他社と比べると高めの料金設定ですが、そのうち1,000円分は、新作などのPPV作品を観るために使えます。新作映画を月に2本~3本ほどレンタルしても観たい人ばら、実質は990円で見放題と考えられます。

PPV作品は、レンタル開始と同時やレンタルよりも早く先行配信されることもありますし、レンタル店より多くの品揃えと検索性がU-NEXT最大の特徴でもあります。

他社にないサービスを楽しめる


また、2014年11月から「雑誌読み放題サービス」が追加されて、追加料金なしで、50誌ほどの月刊誌や週刊誌を見ることができます。

電子書籍をタブレットなどで読む人が増えてきていますし、アマゾンで買えば一冊数百円ほどする雑誌が、約50誌も読み放題になるのは、かなりお得なサービスです。

また、「U-NEXT」の大きな特徴は、アダルトジャンルがあることです。他社にはないジャンルなので、レンタル店で借りにくい作品も動画配信サービスなら手軽に楽しむことができます。

安くて、使いやすい「dTV」


何より月額500円という価格が魅力なのが「dTV」です。しかも作品数もかなり多く、ヒット作や人気作も豊富なので、映画ファンでも充分楽しめる作品がが揃っています。

海外ドラマも「Hulu」に負けず劣らずのラインナップが用意されています。また、「dTV」オリジナルのコンテンツも多く、他社とは違った楽しみ方ができます。

特に「BeeTV」の作品は、他社でもテレビでも見たことがない、面白いコンテンツが多く、これだけでもかなりオススメです。

ダウンロード視聴で通信回線を気にせず楽しめる


「dTV」アプリを使えば、ダウンロード視聴が非常に簡単にできるので、通信環境を気にせずに快適に観ることができます。出張や通勤時間などが多く、外出先でも映画やドラマを楽しみたい人にはとても便利な機能です。

「U-NEXT」も最近ダウンロード視聴に対応したアプリをリリースしました。リリースしたばかりなので、操作面での改善の余地が残るところですが、機能アップすればとても便利なアプリになることでしょう。

「dTV」は12月31日まで、通常7日間の無料お試し期間を31日間に延長するキャンペーンを行っているので、無料トライアルするなら今がチャンスですね。

まとめ


ホームネットワークやWi-Fi環境の普及、クロームキャストなどの便利な端末の登場で、動画配信サービスを手軽に利用する人が増えてきています。

動画配信サービスは、テレビ放送にない様々な楽しみ方ができるサービスです。

まだ、体験したことのない人はぜひ試してみてください。こんな便利なものあったのかと驚かれると思います。

まず、無料トライアルに申し込んでみましょう


3社とも「無料トライアル」ができます。お試しできる期間は違いますが、期間をギリギリまで使ってしまいましょう。

申し込み方法は非常に簡単です。クレジットカードさえあれば、あっけないほど簡単に申し込みが済みます。申し込み後すぐにスマートフォンやパソコンで動画配信サービスを楽しむことができます。

そして解約も非常に簡単です。ネットから簡単に解約手続きが行えます。これもあっと言う間に完了します。

まずは、一社づつ無料トライアルで自分に合った動画配信サービスを見つけてみましょう。

映画やドラマなどの作品は、配信期間が決まっているものがあります。作品の入れ替わりや配信終了作品もありますので、最新の情報はサイトで確認してください。

[ スポンサーリンク ]

-ライフハック
-

Copyright© トレンド通信 , 2019 All Rights Reserved.