流行モノ、お得な情報や裏技、芸能ニュース、生活に便利なもの、ライフハックなど、最新情報を掲載。

トレンド通信

ティーツリーオイルの代表的な効能と効果的な使い方

投稿日:

ティーツリーオイルとは?

アロマオイルの中でもティーツリーオイルは使いやすく、馴染みやすいオイルですね。我が家でも大活躍しています。原産はオーストラリアの常緑植物です。木の高さは8m位まで伸びます。春には5cm位の白い花がたくさん咲くんですよ。

先住民族のアボリジニの間では何千年もの間、ティーツリーの葉を細く刻んで薬の代用としてケガや皮膚の治療などに使われていました。その後ティーツリーの葉を水蒸気蒸留することで得られる100%天然の精油として親しまれてきました。

ティーツリーオイルは歴史が深いですね。それだけ効能があったということでしょう。

ティーツリーオイルの効能と使い方

ティーツリーオイルは殺菌、消毒、ウイルス予防、心をリフレッシュしてくれます。

風邪、インフルエンザ予防
免疫力を助けるので風邪や花粉症予防にも効果的。そして強力な殺菌作用があるので体の内からの毒素を汗として排出してくれます。使い方はティーツリーオイルをディフューザー(噴霧器)でお部屋全体に拡散するのが一番効果が早く高いです。

部屋の中にいるウイルスを殺菌してくれて、その香り成分を自然と吸入することで殺菌効果があがるのです。ディフューザーがない場合は空のスプレー容器(100ml)にお水を入れてティーツリーオイルを3滴いれ、お部屋にシュシュッとスプレーします。

お部屋の空気がスッキリして気持ちよくなりますよ。

虫よけ、虫刺され
ティーツリーオイルを水の入ったスプレー容器に3滴入れて、足や腕などにスプレーしておくと、虫よけになりますし、蚊に刺された場合のあの痒み!たまりませんよね、そんな時はティーツリーオイルを1滴患部に塗るのです、嘘みたいに痒みが無くなるのです。


我が家の虫よけ、虫刺され対策には活用しています。

水虫に
ティーツリーオイルには真菌作用があるので、水虫にも効果があります。
使い方は洗面器や足が浸かる程度のバケツなどにぬるま湯を入れます、そこへティーツリーオイルを数滴垂らします。

足を付けて丁寧に洗います。足を洗った後は、タオルで足を拭きとり、ティーツリーオイルを患部に塗りこんでいきます。これを毎日繰り返します。

傷跡に
傷跡ってなかなか治りにくかったり、黒ずんでしみになりがちですが、傷が治りかけの時に、ティーツリーオイルを薄くのばしてつけます。こまめにティーツリーオイルを付けることで、傷の治りも早く、傷跡も分からなくなります。

にきび、吹き出物
真っ赤になったニキビや吹き出物は痛いですよね、でも気になってついつい手で触ってしまいがち。手についた雑菌がにきびをさらに炎症起こしてしまいます。ティーツリーオイルは殺菌作用があります。

使い方は洗顔をして顔をタオルで抑えて水分をとります、タオルはこすらないでくださいね。こすって拭くと肌を刺激してしまい、ニキビ、吹き出物がひどくなります。

お肌に化粧水をつけて水分を補給した後に、にきび、吹き出物の部分にティーツリーオイルをやさしく塗ります。ちょっとしみるかなと思ったら、ホホバオイルで薄めて付けてください。

頭皮の乾燥でカサカサ
頭皮がカサカサと乾燥すると肩にフケが落ちてきて嫌ですよね。頭皮の乾燥は抜け毛の原因にもなるのでしっかりケアしたいものです。使い方は頭皮のオイルマッサージ、乾いた髪の状態の時、ホホバオイルにティーツリーオイル3滴混ぜてください。

乾燥の気になる頭皮に付けてやさしくマッサージします。30分位時間を置いてオイル分を頭皮に馴染ませ後に、いつも通り洗髪してください。毎日続けるとしっとり頭皮になっていきます。

ティーツリーオイルは我が家の薬屋さん!家族全員大好きな香りに癒されています。

[ スポンサーリンク ]

-健康
-

Copyright© トレンド通信 , 2019 All Rights Reserved.