流行モノ、お得な情報や裏技、芸能ニュース、生活に便利なもの、ライフハックなど、最新情報を掲載。

トレンド通信

青汁よりすごい「緑汁」の効果と魅力

投稿日:

緑汁って青汁よりすごいって何がちがうの~?


青汁はケールや大麦若葉などの生の野菜を絞って作られているのが特徴です。青臭く飲みづらいと敬遠されていましたが、現在は飲みやすく改良されているものもありますね。成人が一日に摂取したらよいとされる野菜摂取量の350gを簡単に摂取できると人気がでました。青汁に使われている主な栄養成分は主にビタミン、繊維、酵素などです。

緑汁は昆布類などの仲間で藻の一種なのです。青汁とは素材はて全く別物なのですね。青汁は野菜不足を補うのに対して緑汁は野菜、肉、魚が持っている栄養成分をうまく摂取できるということですね。

緑汁の方が栄養的にも勝る感じ!緑汁の興味が出てきたところで、緑汁のことを詳しく見ていきましょう。

緑汁って何なんでしょう?

緑汁の主な成分はユーグレナとも言って、和名ではミドリムシと言います。え~~!?虫~??とドン引きしそうですが、実は藻の一種で0.05mmという緑色の微生物なのです。顕微鏡でしか見えないレベルですね。

緑汁の主成分のミドリムシは動物と植物の両方の性質を持っていて淡水で生きているのです。栄養成分はビタミン、ミネラル、アミノ酸などを含む栄養成分が59種類も入っているのです。人が生きていく上に必要な栄養成分がほぼ入っているのです。

普段の食事では中々摂りきれていない栄養成分を緑汁でしっかり補えますね。

小さな生き物なのにすごい栄養価なんですね。緑汁やサプリメントとして注目を浴びています。最近はコンビニなどでもミドリムシ入りヨーグルトやスイーツなど販売していて人気です。たぶん一度は目にしていると思います。

コンビニに行ったときは、ちょっと意識して探してみてください。ユーグレナ又はミドリムシなんて表記があるのですぐ見つかりますよ。

緑汁の主成分のミドリムシはハイパワーな栄養素と言えますね。

[ スポンサーリンク ]

-健康

Copyright© トレンド通信 , 2019 All Rights Reserved.